Vol.009 第8回 住宅は大きい方が良い?

一覧に戻る >

住宅は大きい方が良いのでしょうか?

昔から『大は小を兼ねる』と言われて、

小さいよりは大きい方が良い、という考え方が一般的ですが、

住宅で『大は小を兼ねる』

と考えるととても危険です。

 

理由は、固定資産税、メンテナンス費用、光熱費、建設費用、

が相対的に高くなるからです。

 

住宅の内部に倉庫を作る人がいますが、

聞いてみると、倉庫の中のものはほとんど使われないそうです。

 

しまいに、何をしまっていたかも忘れてしまいます。

 

洋服は、その半分は使われずに箪笥に眠っているそうです。

使っていないものを保存するためにスペースが使われています。

 

これからは、シンプルライフがお薦めです。

 

シンプルに暮そうとすると、

不要なものを買わなくなり、

使っていないものは売ったり上げたりして、

 

本当に貴重なものだけを使って生きていけます。

 

住宅を大きくすることの無駄。

一度じっくり考えてみることをお薦めします。

2016.08.28

一覧に戻る
資料請求・見学予約受付中!
低価格なのに高性能な住まいの秘密がわかる!カタログ請求はコチラ 土日も平日もお気軽にお越しください!イベントご相談来店ご来場予約!見学予約はコチラ
984万円差が出る 初めてのマイホーム&住宅ローン相談会 ご参加予約はコチラ
ページ先頭へ