Vol.004 第3回 固定金利と変動金利を比較する方法

一覧に戻る >

青森市弘前市平川市黒石市五所川原市つがる市藤崎町板柳町鶴田町大鰐町田舎館村周辺の皆様へ、誰も教えてくれない住宅のあれこれについて楽しくお伝えしていきたいと思います。

 

固定金利と変動金利を比較する方法

 

住宅ローンには大きく分けて2種類あります。

固定金利と変動金利です。

今回はその比較の仕方をお伝えします。

 

まず、金利は直接比較すべきではありません。

理由は、固定金利には団体信用生命保険といって、

債務者に万一のことがあった時に、

住宅ローンの残債が消える保険が自己負担だからです。

 

この保険料を加えると、金利は0.4%ほどあがります。

  • 7%ではなく2.1%になります。

 

2つ目は、固定金利では保証料が無料となっていますが、

実際には、保証料が手数料という名前でかかります。

 

名前が変わるくらい問題ないと思われるかもしれませんが、

保証料は、解約時残り期間分返金があり、

手数料は、途中解約しても返金が一切ありません。

 

住宅ローンは、借換えで大きなメリットが得られますので、

この点は大きなデメリットです。

 

参考までに保証料とは、

保証鵜会社に住宅ローンの保証人になってもらう費用のことで、

通常、借入金額の2.1%ほどかかります。

 

一番大事なことは、

住宅ローンの場合、借入金額が大きいので、

当初の金利が安いと元金が減り辛く、

毎月の支払いも多いためローン返済が厳しくなりやすい、

という点です。

 

住宅ローンは、後々金利が上がっても、

残債が減った後では負担が大きくなることはありません。

 

住宅ローンが払えないという相談は、

圧倒的に固定金利で組んだ方からの方が多いのです。

 

元金が減っていないため売ろうと思っても残債が多くて売れず、

毎月の負担も大きいからです。

 

(第三回終わり)

************************

2016.08.07

一覧に戻る
資料請求・見学予約受付中!
低価格なのに高性能な住まいの秘密がわかる!カタログ請求はコチラ 土日も平日もお気軽にお越しください!イベントご相談来店ご来場予約!見学予約はコチラ
984万円差が出る 初めてのマイホーム&住宅ローン相談会 ご参加予約はコチラ
ページ先頭へ