ユニテの家で広く、明るく、スッキリ生活

LDK+ユーティリィ+S2
ユニテハウスの間取りは、1階がパブリックスペース、2階がプライベートスペースとして考えられています。簡単に言えば、1階は家族やお客様と過ごす共有スペースであり、2階は個人がそれぞれ過ごすスペースということになります



【屋根】
ユニテハウスの陸屋根タイプの場合、緩勾配ということもあり太陽光発電を乗せるには不向きでした。
発電に適した勾配を取りながら、なおかつユニテハウスらしさを損なわないようにつくられたのがこの片流れタイプです。

【外壁】自然に溶け込むモスグリーンの外壁

ユニテハウスの外壁は「ガルバリウム鋼板」を使っています。
ホワイトやブラックなどの無彩色から、イエローやレッドの有彩色まで、そのバリエーションは11色。
全体がスッポリとこのガルバリウム鋼板で包まれますので、色選びで印象が決まってしまいます。自然豊かな立地を考え、モスグリーンの外壁を選びました。
また、外壁材はフッ素加工が施されているので、耐候性に優れ長期に渡り美しい外観を保つのも特徴の一つです。メーカーの保証は塗膜変褪色10年と穴あき・赤さび10年となっています。

【間取り】LDK+ユーティリィ+S2
標準プランと幅は変わりませんが、奥行きを1間(1820mm)伸ばすことで、大空間のユニテハウスができました。

6坪も大きくなれば、部屋を増やすことができますが、この住宅はそれぞれの部屋を大きくしました。
1階ではLDKを
24帖に、2階ではフリースペースを8帖にしました。

施工実例

-Photo gallery-

2016.08.06

一覧に戻る
施工事例集・プラン集をゲットしよう! 次の見学会情報はこちら
資料請求・見学予約受付中!
低価格なのに高性能な住まいの秘密がわかる!カタログ請求はコチラ 土日も平日もお気軽にお越しください!イベントご相談来店ご来場予約!見学予約はコチラ
984万円差が出る 初めてのマイホーム&住宅ローン相談会 ご参加予約はコチラ
ページ先頭へ