Vol.035 第34回 安心予算とは? ~住宅ローンで破綻しないために

一覧に戻る >
Ever Homeの福間です。

当社は不動産事業も行っており、物件の売却査定の相談も受け付けております。
「家を売りたい」という相談の中に、「数年前に新築した家を売りたい」という相談がありました。
住宅ローンの支払いができなくなったというのがその理由でした。

せっかく新築した家を売ることになってしまう。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

それは、
金融機関が貸してくれる金額が余裕をもって返済していける金額でなかったためです。

1.金融機関が貸してくれる金額
金融機関や商品、審査にもよりますが、最大で年収の9倍まで貸してくれる場合があります。
多くの住宅メーカー、工務店は金融機関が貸してくれる上限で総予算を決定することが多いようです。
その場合、下記のような「家を建てた後に必ず必要になる出費」に備えることができず、
住宅ローンを支払うのが苦しくなることになります。
中には十分な貯蓄ができず住宅ローン以外にローンを組んでしまい、更に苦しい状況になることもあります。

□住宅購入後に必ず必要になる出費の例
・老後の生活費(退職後に収入が減る)
・子供の学費
・家の修繕費、メンテナンス費用
・自家用車の買い替え、維持費
・生活費、娯楽費、光熱費など



2.余裕をもって返済していける金額(安心予算)
では、余裕をもって返済していける金額を算出するにはどうしたら良いでしょうか?
これは、ライフプランシミュレーションを行うことで分かります。
現在の世帯収入を基準にして、これから必要となる支出を全て積み上げます。
例えば35年返済の住宅ローンであれば、35年後までの全収入と全支出を比較してシミュレーションします。

住宅ローンを支払いながら貯蓄もでき、将来の出費に対する備えもできる予算。
当社では「安心予算」と呼んでいます。


これはご自身で行うのは非常に大変な作業です。


当社Ever Homeは日本で初めて「住宅購入後の人生設計である生涯のライフプランシミュレーション」を始めました。
※詳しくは下記のページを参照ください。
https://ever-home.info/housing/support.html

住宅ローンで破綻する方は少なくありません。
当社は「住宅ローンで破綻する人を一人も出さない」という理念のもと、
住宅購入後もお客様が豊かに暮らしていけるお手伝いをしています。

「自分はいくらまで借りて良いのか?」

詳しく知りたい方は当社までお問い合わせください。
専門のアドバイザーがライフプランシミュレーションを通して提案させていただきます。

来店予約はこちらから
  https://ever-home.info/reservation/

2019.02.17

一覧に戻る
資料請求・見学予約受付中!
低価格なのに高性能な住まいの秘密がわかる!カタログ請求はコチラ 土日も平日もお気軽にお越しください!イベントご相談来店ご来場予約!見学予約はコチラ
984万円差が出る 初めてのマイホーム&住宅ローン相談会 ご参加予約はコチラ
ページ先頭へ