Vol.041 第40回 家を建てた後の生活は家を建てたときに決まる

一覧に戻る >
Ever Homeの福間です。

新築住宅購入を検討している方はみなさんどんな家にしようか
ワクワクしているものです。
この時に頭の片隅に入れて覚えておいてほしいことがあります。

それは、「家を建てた後の生活は家を建てたときに決まる」ということです。
今回は家を建てる前に注意すべきポイントをいくつか紹介します。

①住宅ローン商品選択は適切か?
債務者に万が一のことがあって収入が少なくなった場合、
団体信用生命保険特約(特に三大疾病保障は重要です)が商品に入っていれば、
その後の支払い負担が少なくなる、又は保険により支払いが不要となります。
また、借入金額によって上下はしますが、住宅ローンの金利が1%違うと、総支払額では400万円~650万円の差がでます。
住宅メーカーが勧めた住宅ローン商品はどういうものなのか詳しく調べてから申込みすることをお勧めします。

②設備選びは慎重に
新築住宅購入においては、「あれも付けたい」、「この設備があればきっと便利だ」、
などオプションのものが増えて総予算が膨らみがちです。
「メーカーが勧めるオイルヒーターを入れたら冬場の光熱費が6万円以上かかってしまい、結局オイルヒーターは使用していない。」
という実例もあります。
設備が増えれば、その設備の維持費も考慮しなければいけません。
設計や仕様決めの段階でその設備が本当に必要かどうか慎重に考えましょう。

③借入金額が自分に合っているか?
住宅ローン審査時、特に問題が無い場合、金融機関は最大で年収の約9倍まで融資してくれます。
最大の融資額で住宅購入した場合、月々の支払いがつらいものになることがあります。
家も設備も使用していれば傷んできますし、設備は故障することもあります。
借入金額は、リフォーム代や設備の維持費を貯蓄しながら月々の支払いができる金額とするのが理想的です。
その他、子供の進学、自家用車の買い替えなど、家が建ったあとに出る出費を考慮して
借入金額の上限を決めることをお勧めします。

いかがでしょうか?

「家を建てる」ということは「家が建った後の生活を決める」ということでもあるのです。
どのような家を建てるかで、その後の生活が豊かにもなりますし、つらく苦しいものにもなり得ます。
特に住宅ローン商品選びと借入金額の決定は慎重に行いましょう。

Ever Homeでは、「ライフプランシミュレーション」を無料で実施しています。
詳しくは下記URLを参照ください。
https://ever-home.info/housing/support.html

当社のライフプランシミュレーションでは、
・家を建てたあとの出費
・老後の生活費
・住宅ローンを支払いながら貯蓄がどのくらいできるか
などがわかります。
そのため、当社で住宅購入した方のほぼ全家庭が住宅ローンを支払いながら、きちんと貯蓄ができています。

住宅ローンの相談、ライフプランシミュレーションについては、
各店舗までお問い合わせください。

来店予約はこちらから
  https://ever-home.info/reservation/

 

2019.03.09

一覧に戻る
資料請求・見学予約受付中!
低価格なのに高性能な住まいの秘密がわかる!カタログ請求はコチラ 土日も平日もお気軽にお越しください!イベントご相談来店ご来場予約!見学予約はコチラ
984万円差が出る 初めてのマイホーム&住宅ローン相談会 ご参加予約はコチラ
ページ先頭へ