家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

フローリングのメリット・デメリット

家づくり

2019.06.11

みなさんが何げなく触れているそのフローリング。なかなか意識されにくい場所ではあるのですが、実は私たちの生活に深くかかわっているものですよね。

 

そこで今回は、改めてフローリングのメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。これから家づくりを考えているという方は、特に参考にしてみてくださいね。
ではまずメリットから見ていきましょう。

 

メリット


 

 

・静電気を防止する


 

静電気のバチバチが不快!という方は多いことかと思います。突然びりっときたら驚きますし、痛いですよね。
フローリングは木からなるものですので、電気を通しません。
そのため、そんな嫌な静電気を発生させないのです。

 

 

 

 

 

・防音効果がある


 

フローリング、つまり木は振動による音を抑えることができると言われています。
そのため、防音することができるというメリットが挙げられるでしょう。

 

 

 

 

 

・温度を調整する力がある


 

木には多くの気孔があります。その気孔で、周辺の温度にあわせ水分を維持しようとする性質があるのです。
そのため、膨張や収縮を行いながら温度を調整します。

 

 

 

 

 

・殺菌能力


 

木に含まれる成分は、病気や害虫などを寄せ付けないと考えられています。
殺菌ができるというのは自然、木ならではの魅力だといえるのではないでしょうか。

 

ここまでメリットについてみてきました。
ではいったい、どのような点がデメリットなのでしょうか。

 

 

 

 

 

デメリット


 

ずばりデメリットは「水に弱い」ことだと言えます。ですがこうお話しするとイメージがないと思われる方も多いのではないでしょうか。
確かに、水をこぼしてすぐにふき取る分には問題はないでしょう。

 

しかし、長い間フローリングに水分が触れると、水が浸透して膨張や変色の恐れがあるのです。
このようなことを防ぐためには、フローリングを水拭き掃除する際に注意を払うことを心がける必要があります。水拭きした後は、必ず乾拭きするようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
ぜひこれらのメリット・デメリットを参考にフローリングをうまく取り扱ってくださいね!

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU