家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

暖房器具の違い~エアコンのメリット・デメリット

家づくり

2019.12.27

一口に「暖房器具」といっても、その種類はさまざまです。そしてそれぞれにメリットとデメリットがあります。ここでは暖房器具をひとつずつとりあげ、そのメリットとデメリットを紹介していきます。

今回取り上げるのは、「エアコン」です。

暖房器具としてのエアコン

部屋全体を温める

エアコンは、現在もっともメジャーな暖房器具のうちのひとつです。
夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるこの「エアコン」は、どの家でもついていることが多いかと思われます。

さまざまな種類がありますが、ランニングコストがもっとも高く、コスト対パフォーマンスを考えたときに一番上位に来る選択肢だといえます。
また部屋全体を温める力を持っており、「局所的に暑い/寒い」ということがありません。

 

エアコンのデメリット

部屋を乾燥させがち

一方、部屋を乾燥させがちというデメリットがあります。また寒暖差が激しい場合は結露を招きやすいという特徴もあります。
賃貸マンションなどの場合はすでにエアコンがついているためあまり問題にはなりませんが、自分で買う場合は初期投資が高く(6畳で35000円くらいがひとつの相場です)、

設置のための工事にお金と時間がかかるというデメリットもあります。
家じゅうにつけようとすると、それだけで数十万の出費になることも珍しくありません。

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU