家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

暖房器具の違い~石油ストーブのメリット・デメリット

家づくり

2019.12.30

暖房器具のなかでも、昔からあるものの一つとして「石油ストーブ」があります。

なおここでは「石油ストーブ」としていますが、「石油ファンヒーター」なども同じくくりだと思ってください。

石油ストーブのメリット

すぐに部屋を暖められる

石油ストーブは、つけた瞬間から火が出るため熱を感じやすく、すぐに部屋を暖めたい人に向いています。
石油ストーブの前で着替えれば温かく局所的に温めることもできれば、部屋全体を温めることもできる非常に便利な道具だと言えます。

また、石油ストーブのなかには、上で煮物などを作ることができるようになっているものもあります。
時には調理器具としての役割も果たす石油ストーブは、昔から広く使われてきました。

 

石油ストーブのデメリット

給油の手間がある

ただ、石油ストーブは、「灯油がなくなったらいれなければならない」という手間があります。
また、独特の臭いが出るため、これが気になる人もいるでしょう。

一酸化炭素中毒が起きる危険性もあるため、定期的に部屋を換気しなければならないといった面倒さもあります。
なお、部屋が乾燥しやすいものではありますが、前述したように、「上に鍋などを置く」という方法を使えば、これはある程度回避できます。

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU