家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

家の方角どっちにする?~北向きのメリットとデメリット~

家づくり

2017.06.10

前回は、南向きのメリットとデメリットについてご紹介いたしました。

 

日当たりが良いというメリットがありましたが、その反面暑い、土地代が高くなるというデメリットがありましたよね。
今回は、北向きのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

 

まずはメリットのご紹介です。


 

 

・価格が安いこと


 

南向きは日当たりが良いため、価格が高くなってしまうとご紹介いたしましたが、北向きは日当たりが悪いので、そのため価格が安くなっていることが多いです。
住宅はとても高い買い物ですよね。購入するときは予算を決めている方がほとんどだと思います。

 

南向きだと予算オーバーになるから、他の点で妥協しなければならなかったりということもあるでしょう。
しかし北向きにすると、他の点で妥協する必要がなくなるかもしれません。

 

 

 

 

 

・夏涼しい


 

北向きの家は、他の方角に比べて夏に涼しく過ごしやすいです。
涼しいと、その分冷房代を節約できるので、嬉しいですよね。

 

 

 

 

 

次にデメリットについでご紹介いたします。

 

 

 

 

・日当たりが悪い


 

北向きのデメリットはなんと言っても日当たりが悪いことです。
ベランダの位置によっては洗濯物も乾きにくいですし、部屋の中が暗いと感じるでしょう。
しかしこのデメリットは、二階リビングにすることで解消できたり、あまり使わない部屋や、日に当てると日焼けしてしまう家具や書籍を置いている部屋を、一番日のあたらない部屋にするなど工夫することができます。

 

 

 

 

 

・冬に寒い


 

メリットで夏に涼しいとご紹介いたしましたが、冬はとても寒く感じます。
しかしこのデメリットは、壁に断熱材を入れるなどの対策で解消することができますよ。

 

いかがでしたか? デメリットは工夫次第で解消したり、反対に日当たりが悪いというデメリットを利用することもできます。
北向きは最初から候補から外すのではなく、そのデメリットは実際に暮らすうえで、本当に不都合なことがあるのか、一度考えてみてくださいね。

 

次回は東向きのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU