家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

田舎暮らしのデメリット

家づくり

2017.06.30

前回は、田舎暮らしのデメリットをテーマにお話し、田舎暮らしは虫がよく発生したり、お店が少ない、あるいは、お店の品数が少ないといったデメリットがあるということをお伝えいたしました。
今回も、田舎暮らしのデメリットについてご説明させていただきます。

 

田舎暮らしのデメリット3

交通の便が悪い

田舎暮らしをしていると必ず直面するのがこの問題。都会なら電車や地下鉄、バスなどの様々な交通網がしっかり整備されているので、どこでも簡単に向かうことができます。
しかし、そういった設備がしっかりしていない中ですとそうはいきません。
田舎ですと、電車やバスが一時間に一本しか走っていないということはざらにあります。
ですので、田舎で暮らす際は必ず車が必要です。

田舎暮らしが決定していて、免許と車を持っていない方は早急に手に入れておきましょう。

 

田舎暮らしのデメリット4

人との距離が近すぎる

田舎暮らしのメリットとして、近所の人との距離の近さを挙げましたが、これはデメリットの1つにもなってしまいます。

基本的に、娯楽施設が少ない田舎では、地域との交流がそういった娯楽の代替となっている場合が多いです。ですので、近所の方は、引っ越してきたあなたとすぐに友達になり、プライベートに干渉してくることもしばしば起こりうるでしょう。
そういった関係にとまどって少し冷たい態度を取ってしまうと、今度は冷たい人というレッテルを貼られかねません。

ですので、田舎暮らしする際は、近所の方と、いい距離を保ちながら生活をしていく必要があります。

 

田舎暮らしのデメリット5

イベントや娯楽施設が少ない

田舎はどうしても人が少ないので、イベントや娯楽施設が少ないです。
特に、まだまだ騒ぎたい年頃の若い方には、田舎での生活は少し刺激が足りない生活になってしまうことでしょう。

 

今回のまとめ

今回と前回で挙げた田舎暮らしのメリット・デメリットをしっかり吟味して、住環境選びを考えましょう。
次回からは、都会暮らしのメリット・デメリットについてお伝えいたします。

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU