家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

カーポートを設置するメリット・デメリット

家づくり

2019.06.07

新築情報ブログ|カーポートを設置するメリット・デメリット|エヴァーホーム


家づくりと聞くと、やはりまずイメージされるのは家の中ではないでしょうか。
しかし、忘れてはいけないのが「家の外」です。

 

今回は、その中でも愛車のこれからに大きく関係する「カーポート」についてお話ししたいと思います。

 

ではまず、カーポートを設置することにおけるメリットはどのようなものでしょうか。
それぞれ見ていきましょう。

 

 

・雨の日の乗り降りの際に濡れない


 

やはりなんといってもこれが最大の魅力でしょう。
乗り降りや荷物の出し入れを、ぬれずに行えるというのは、些細ですが案外嬉しいポイントですよね。

 

 

 

 

 

・汚れを防ぐことが出来る


 

鳥の糞で大切な車が汚れてしまった、という経験、誰もが一度はありますよね。
カーポートは一種の屋根ですから、このような落下物による汚れを抑制できるでしょう。
また、雨にさらされることもないため、ワックスや洗車などの頻度が少なくて済むと考えられます。

 

 

 

 

 

・夏場の温度上昇を軽減できる


 

夏場、車に乗ると車内が大変暑くなっていること、多いですよね。クーラーはガソリンの消費にもつながるし困りものです。
しかし、カーポートを設置することで、直接日光が当たることを防ぐことが出来るでしょう。
また、紫外線カット効果があるものを選ぶと、温度のあがりが全く異なるのでおすすめですよ。

 

 

 

 

 

・冬場の積雪時、車の雪片付けが不要


 

青森県の冬では特に、青空駐車の場合、「朝通勤しようと思ったら車に雪が積もっている」というのはよくある光景です。
雪を片付けるのにいつもより朝早く起きなければなりません。カーポートがあると、ガラスなどに付着した雪をかるく払う程度でOK。
雪が降る地域ではカーポートは冬場も重宝します。

 

一方でデメリットについてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

・柱が邪魔になることも


 

カーポートを設置するとなると、屋根を支える柱も必要になります。
そのため、スペースが狭いと 人が通るスペースがなくなってしまうケースもあります。
その点は要検討しましょう。

 

 

 

 

 

・圧迫感を感じる


 

人によっては圧迫感を感じるという方もいらっしゃいます。
確かに、青空から一転して大きな屋根ができるという点では、圧迫感はあるといえるでしょう。
なるべくこの圧迫感を感じないようにするには、お家の窓の近さ、玄関ポーチの階段の場所などをしっかり検討することをおすすめします。
その際には奥行・間口といった部分だけではなく「高さ」に関しても確認しましょうね。

 

いかがでしたでしょうか。この記事が参考になれば幸いです。

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU