家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

トイレって2階にも必要なの?

家づくり

2019.06.10

今、住んでいる家は二階にもトイレがありますか?
また、育った家には二階にトイレがありましたか?

 

小さいころから二階にもトイレがある家庭で育った場合、それが当たり前のように思いますが、実は一階と二階どちらかだけにトイレがあるということも少なくありません。
二階にもトイレを作る場合、その分生活スペースが減りますし、水を二階まで上げてくるので、水道代もかかります。
もちろん便器代や設置費用、掃除の手間もかかりますよね。それでも二階にもトイレを作る理由はあるのでしょうか?

 

今回は”二階にもトイレが必要かどうか”ということをお話ししていきたいと思います。

 

トイレが二つあるメリット


 

 

 

・二人同時にトイレに行きたくなっても問題ない


 

トイレが二つあれば、二人同時にトイレに行きたくなっても、我慢して待ったりする必要もありません。
小さなお子様がいる場合、長い時間我慢することはできないでしょうから、そんなときに二つあれば安心ですよね。

 

 

 

 

 

・二階にいるときに行きたくなったらすぐに行ける


 

トイレが一個の場合、二階にいるときにトイレに行きたくなると、一階まで下りてまた二階に戻ってこなくてはなりません。
面倒だからちょっと我慢したり、一階に行くついでの用事ができるまでまったりすることもあるでしょう。

 

また、高齢の方にとってはトイレのためにわざわざ階段の上り下りするのは辛いものです。
しかし二階にもトイレがあればすぐに行くことができますし、階段の上り下りも必要ないので面倒に思うこともありませんよ。

 

 

 

 

 

トイレが二つあるデメリット


 

 

 

 

 

 

・使用頻度が少ないと汚れやすい


 

トイレは通常、リビングのある階の使用頻度が高いものです。
リビングフロアでない階にあるトイレの使用頻度が低いと、水垢や臭いがひどくなることがあります。
そんな中で掃除するのは大変ですし、使用頻度が少ないならいらないかな、とも考えてしいますよね。

 

 

 

 

 

・費用がかかる


 

トイレを一つ設置すると、水道代や便器代など費用が大きくかかります。
家を購入するうえで、予算なども考慮して考えてみても良いですね。

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU