家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

洗面台のススメ~パナソニック編~

家づくり

2019.11.01

パナソニックの洗面台は、「Lクラスラシス」「ウツクシーズ」「シーライン」「エムライン」「アクアファニチャー」に分けられます。

情報元:パナソニック株式会社より

5つの洗面台、それぞれの特徴

住宅のスペースに合わせる

●Lクラスラシス
「Lクラスラシス」は、もっとも高性能な洗面台です。エステサロンをイメージした洗面台で、部屋としての機能さえ持っています。
1ミリ単位でのオーダーが可能なので、自分好みの洗面台が作れます。

●ウツクシーズ
「ウツクシーズ」は、「収納」「日々の使いやすさ」に重点を置いたものです。
家電を収納するのが簡単で、曇りにくく使いやすいミラーなどを使っています。機能性重視ならばこれがよいでしょう。

●シーライン
「シーライン」は少し面白いものです。これは「空間に洗面台を合わせる」という考えが感じ取られるもので、コンパクトなものやスリムなものが展開しています。
「部屋に合わせて洗面台を選びたい」という人は、これを選ぶのもおすすめです。

 

●エムライン
シンプルで安く、使いやすいのが「エムライン」です。ほかの洗面台に比べると価格が安く、限られた予算のなかで洗面台を……と考える人にむいています。シンプルながらも、洗面台に求められる要素は満たしています。

●アクアファニチャー
最後に紹介する「アクアファニチャー」は、ほかのものよりもずっと小さいのが特徴です。50センチ幅に収まるので、非常にコンパクトです。「2階の洗面台」などによいでしょう。

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU