家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

住宅ローン審査とクレジットカードの関係とは?

お金のこと

2019.04.17

住宅ローン審査では、申込者の年収や属性、個人信用情報などが審査対象となりますが、まれにクレジットカードが要因でローンが否決となってしまうことがあります。

クレジットカードの注意点

利用していなくても返済負担率にかかる

その理由として、クレジットカードにキャッシング機能がついている場合、仮に利用していなくてもその枠が返済負担率にかかってしまうということが挙げられます。
例えば、50万円の借入額がある場合、利用していなくても50万円の借入をしているものと見なされるのです。

金融機関によっては、クレジットカードの借入枠については返済負担率の計算の際に組み入れないこともありますが、ローン審査の否決理由ははっきり伝えられないことが多いため、クレジットカードを持っている方は一度使っていないクレジットカードを解約して再挑戦してみてもよいでしょう。

 

今回のまとめ

クレジットカードは金融機関の担当者や、知人から進められていつの間にか作ってしまうことも少なくありません。
住宅ローンの審査を受ける前に、それらのカードが本当に必要かどうか選別し、不要なものは解約しておきましょう。

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU