家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

ツーバイフォーのメリット・高気密高断熱住宅とは

家づくり

2019.05.23

ツーバイフォー住宅には様々なメリットがあるものですが、そのメリットの内の一つに高気密高断熱住宅にすることができるというものがあります。
しかし、「高気密」「高断熱」という言葉は、普段聞きなじみがない分、どういった住宅であるのか分かりにくいものですよね。

 

そこで今回は、高気密高断熱住宅がどんなものであるのか、ご紹介していきたいと思います。

 

まず、高気密高断熱住宅とは、壁・床・天井などに断熱材を用いて高い断熱性や気密性を実現した住宅のことを言います。
家の外との熱移動を防ぐ断熱効果と、家の外との空気の交わりを防ぐ気密効果が合わさることで、高気密高断熱住宅は非常に過ごしやすい家になっているのです。

 

また、家の中の空気・熱が外部に漏れることを防ぐ効果があるため、冷暖房効率を向上させる効果があります。
吹き抜けやスキップフロア、リビング階段など、冷暖房効率が下がる間取りは多いものですよね。
ああいった間取りの家でも、高気密高断熱住宅になっていれば、通常の住宅ほど冷暖房効率で頭を悩ませることがなくなるでしょう。

 

外気の影響を受けにくい高気密高断熱住宅は、家の中にいるだけで夏場には外より少し涼しい、冬場には少し暖かい空間にすることができます。

 

かつ、その中で冷暖房をかけていれば、少ない稼働で涼しい・暖かい環境にすることもできるでしょう。
家の中で循環する冷風や温風は、高気密高断熱住宅の効果によって家の外に出にくくなっていますから、過剰な冷暖房の運転を行う必要もなくなります。
つまり、高気密高断熱住宅は省エネにも非常に大きな効果をもたらしてくれるのです。

 

ただ、家の中の空気が外に逃げにくい高気密な住宅では、換気をしっかり行う必要があるので、注意が必要です。
効率を重視して、全館空調システムを導入するような場合も少なくはありませんから、そういったご相談は気軽にしてくださいね。

 

いかがでしたか?
ツーバイフォーにはこのほかにも様々なメリットがありますから、一度検討してみるのも良いでしょう。

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU