家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

無垢材フローリングのお手入れ

家づくり

2018.08.08

最近では家づくりに自然素材を取り入れる方が多くなっていますよね。取り入れた自然素材は、快適な生活に大きく貢献してくれることかと思います。しかし、その後のお手入れについてもしっかりと理解しているでしょうか?


今回は、自然素材の中でも無垢フローリングのお手入れについてご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

無垢材の基本のお手入れ

無垢材の大敵は水・油

●水気や汚れはすぐに拭きとる

無垢材の大敵は水・油です。これはしっかり覚えておきましょう。
何かをこぼしてしまった場合は、すぐに乾いたぞうきんなどでふき取ってください。
日常のお手入れについても、乾いたぞうきんや固く絞った雑巾を使用しましょう。

●頑固な汚れや反りは削る

汚れがこびりついた場合や、粗利が気になるというときは、サンドペーパー(紙ヤスリ)で削ってならします。
この時、まずは目の粗いサンドペーパーで削り、その後目の細かいサンドペーパーをかけて表面を滑らかにします。

●仕上げはオイルやワックス

サンドペーパーをかけた後の仕上げとしてオイルやワックスを使用します。
この際、なるべくもともと使用していたものと同じ種類のものを使用しましょう。

 

無垢フローリングのお手入れ

基本のお手入れは掃除機と乾拭き

●掃除機と乾拭きが基本

無垢フローリングの基本のお手入れは掃除機と乾拭きです。
無垢材のお手入れでもお話ししましたが、水はNGなので注意しましょう。

●隙間は掃除機やつまようじで

フローリングというのはどうしても隙間にごみがたまってしまいます。
その隙間を掃除したい場合は、掃除機を使用しましょう。
それでもうまくいかない時には、つまようじを使用するのがおすすめですよ。

 

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。無垢フローリングのお手入れについてご理解いただけたでしょうか。
定期的にお手入れをして、いつまでも無垢材の良さを活かせる状態にしてくださいね。

この記事が参考になれば幸いです。

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU