家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

ロフトをつけるメリット・デメリット

間取りのこと

2019.06.15

家づくりを行う上で、「ロフト」について考えたことはあるでしょうか?
ロフトというものはなんとなくわかっていても、実際に生活をする想像はしにくいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は「ロフトをつけるメリット・デメリット」についてお話ししたいと思います。
ぜひ一度、ご自身のライフスタイルと照らし合わせてみてください。

 

ロフトをつけるメリット


 

早速ですが、まずはロフトをつけるメリットについてみていきましょう。

 

 

・収納スペースとなる


 

ロフトはスペースが広いので、収納の大きな味方になると考えられます。
季節もの以外のお洋服など、あまり見えるところに置く必要もないものは、ロフトへの収納がおすすめですよ。
また、突然の来客でささっと部屋を片付けたいというときにも助かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

・趣味の部屋としても使うことができる


 

ロフトの最大の魅力として「人目につきにくい」ということが挙げられます。趣味のものはかさばるわりに、置き場所に困りがちですよね。
また、趣味を見られたくないという方もいらっしゃるでしょう。誰にも邪魔されない趣味の空間として、ロフトはもってこいなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロフトをつけるデメリット


 

では一方で、ロフトにおけるデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

・梯子の上り下りに危険が伴う


 

ロフトに登る手段が梯子の場合、当然ですが危険が伴います。
また、天井に頭をぶつけるという危険性もあると考えられます。小さいお子様などにはロフトはあまりお勧めできないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

・掃除が大変


 

掃除を行う際にも、上り下りは避けられません。
掃除機も持って上り下りをすることになりますし、拭き掃除を行うとバケツをもって何往復もするということになってしまいます。
このようなデメリットがあるということは、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。ロフトをつけるにあたっては、それぞれメリット・デメリットがあります。
両者をしっかり理解して、ご自身のライフスタイルと照らし合わせて検討してみてくださいね。

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU