家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

自宅が駅から遠いメリットとは

土地のこと

2019.06.18

以前は、自宅が駅から近いメリットとデメリットについてご紹介しました。
夜遅くでも帰りやすかったりお買い物がしやすいメリットがあれば、騒音などのデメリットもありましたよね。
駅から近いところも魅力的ですが、駅から遠い立地でも魅力はあります。

 

今回は、自宅が駅から遠いメリットについてご紹介いたします。

 

自宅が駅から遠いメリット


 

 

・静か


 

道路に面していたり、商業施設の多い場所から離れている郊外は、やはり静かです。ご近所の顔も知れるので、不審者がいればすぐにわかりますし、その点は安心ですね。
夜中に車や電車の音に悩まされることもありません。
駅から近いと特に土日に人が多く、騒音に悩まされがちなので、休日も静かに過ごしたいという方には駅から遠い方が向いているかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

・安い


 

駅に近いよりは、土地の値段が安いです。
その分大きな家にすることもできますし、やはり子供がいれば広々とした家で過ごしてほしいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

・運動になる


 

駅から遠くても運動と思って歩いて帰宅してみるのもおすすめです。
運動のために会費を払ってジムに行くのは、もったいないとお考えの方もいらっしゃいますよね。
帰宅のついでに歩くようにすれば、バス代も浮き一石二鳥になりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

・車を持っていると便利


 

駅から遠いところにお住まいの場合は、車を持っているととても便利です。
バスでも出かけられますが、出発の時間が決まっていたり、熱い夏はバス停まで歩くだけでも汗をかきますよね。

 

駐車場も、土地の安い郊外なら作れますし、駐車場代も比較的安いでしょう。
郊外は駅から近いとことに比べると交通量も少ないです。わずらわしい渋滞に巻き込まれることも少なく、遠出もできちゃいますよ。

 

いかがでしたか?
駅から遠いと不便と思われがちですが、メリットもあることがわかりましたよね。静かな郊外でゆったりした時を過ごすのも憧れるものです。
住宅街ですと、公園も多いので、お子様を育てる環境にはぴったりですよ。

 

次回は、自宅が駅から遠いデメリットについてご紹介いたします。

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU