家づくりの成功と失敗がまるわかり 青森県で家を建てるならイエペディア

バスルームのススメ~パナソニック編~

家づくり

2019.10.28

パナソニックのバスルームは、4ラインで展開しています。

これも、「Lクラス」「リフォムス」、そしてキッチンのときの「ラクシーナ」に対応する「オフローラ」、さらにお買い得なFZシリーズの4種類があります。

情報元:パナソニック株式会社より

特徴それぞれ4種類のバスルーム

高品質からリーズナブルまで

●Lクラス
「Lクラス」は、もっともラグジュアリーなラインです。
床の色は6色から選べ、壁も22パターン(そのうえ、ほかのシリーズの物も選べるようになっています)あります。サイズ展開も豊富で、自分の家に合ったサイズを選べるのも魅力です。
酸素美泡湯やオーバーヘッドシャワー、バスオーディオなどを完備しており、極上のバスタイムを楽しむことができます。ただし金額は非常に高く、「オフローラ」の1.8倍近い価格です。

●リフォムス
「リフォムス」は、将来性を考えたバスだといえます。寒さに強く、使いやすさを旨としています。
掃除が簡単にできるのも魅力で、手すりなどもついています。ご高齢の方でも安心して使えるバスルームを提供しています。
カラーバリエーションについては、組み合わせが51パターンとなっています。

●オフローラ
「オフローラ」はリーズナブルなバスルームです。
しかし掃除がラクにできるなどの機能は備えているため、それほど不便を感じる人はいないでしょう。
また、意外に思われるかもしれませんが、床・壁のカラーバリエーションは、この「オフローラ」がもっとも多くなっています。

●FZシリーズ
「FZシリーズ」は、最低限の基本の設備だけをそなえたお風呂です。
そのため、比較的リーズナブルです。「お風呂は高性能でなくてもよい」と考える人にはよいでしょう。また、ピンポイントで必要とするオプションを入れられます。

 

あわせて読みたい関連記事

TOPに戻る

MENU